初心者が100切りを目指すのであれば、ショットの精度を上げる方が効率的です。

ただ、そこからスコアを縮める(80台や70台)には、やっぱりショートゲームやパッティング技術の向上が必要になってきます。

これは僕自身も現在進行形で直面している問題ですが、なんでそんなに難しいのか?を考えたいと思います。

パットの難しさ

パットイズマネー

プロゴルファーの世界でよく使われる言葉ですが、ホントにプロの試合ではパット技術の差で順位(賞金)が大きく変わってきます。

彼らは1打・2打の差で優勝争いを繰り広げているわけですから、こういう言葉が出てくるのも”ある意味自然なのかな”と思いますね。

まあ、アマチュアゴルファーにはあまり縁のない話になりますけどね。

ただ、最後のカップインを決めるパッティングっていうのは、いやおうなしにプレッシャーがかかることは万人共通です。

ミスの許容範囲

パッティングの何が難しいのかというと、やっぱり”ミスの許容範囲が狭い”っていうところです。

ラインやタッチ、打出しの方向など、どれか一つでもずれてしまう(ミスをする)と、カップインする確率が大幅に下がります。

そして、結果の良し悪し(カップインしたかどうか?)も目に見えてはっきりしてしまいます。

リカバリー

ティーショットやセカンドショットをミスってしまっても、その後のショットで挽回できる可能性は残されています。

しかし、パターだけはその次のホール以降でしか挽回できるチャンスが訪れません。

そのため、ミスした場合に次のホールに影響を及ぼすこともよくあります。

それぐらい印象に残りやすいのがパッティングですし、ゴルフのリズムをよくするためにも、”しょうもないパットミス”だけはしたくありませんよね。

ショートゲーム

ショートゲームとは

一般的にボールがグリーンに乗っていない状態で、ピンまでの距離が50ヤード以下の状況を”ショートゲーム”と読んでいるそうです(厳密に決まっているわけではない)。

大体の場合は、パー4のセカンドショットでグリーンを外してしまったり、パー3のティーショットがワンオンしなかったときに起こります。

ショートゲームはパッティングと違って、カップインを狙うことはほとんどありません。

基本的にその次のパターでカップインできるような位置に寄せることが目的となります。

距離は短いが、、、

ゴルフの面白いところは目標(カップ)が近くなるにつれて、ゲーム性が難しくなっていくことだと思っています。

普通に考えれば、”狙う距離が短くなればなるほどブレが少なくなる”って感じですが、実際にやってみるとそうじゃない!っていうのは誰しもがわかっているところになりますよね。

やっぱりパッティングでもそうですが、ゴルフではカップが近づくにつれて”織り込まなきゃいけない条件”がどんどん増えていきます。

成功のハードル

基本的に織り込む条件が増えていくことによって、どんどん成功のハードルは上がっていきます。

だから、自分で意図的に”成功のハードルを下げる”ようにする必要があるわけです。

つまり

  • ショートゲームでは、グリーンに乗ればいい
  • 1mより遠いパットは、2パット以内に上がればいい
  • ティーショットはOBにならなければいい

という風に考えることは非常に大事です。

そうすることで無駄なプレッシャーがかからず、ゴルフをするのがかなりラクになってきます。

パッティング技術の向上

シングルを目指すなら

ただ、いくらゴルフがラクになったところで、それに技術が伴わなければ、一生スコアは縮まりません。

初心者が100切りを目指す場合は、あえて”パッティングを練習するよりショットの練習”を優先した方がいいと書いてきました。

しかし、そこからパープレーや70台(シングル)を目指すのであれば、パッティング技術の向上は避けては通れない道となります。

パッティングに役立つ情報をお届けします

当サイト(ゴルタツ)はそんなパッティングに悩んでいる方やレベルアップを図りたい方に役立つ情報をお届けしています。