ドライバーやアイアンと違ってパターというカテゴリーにはたくさんの種類が存在します。

それぞれの特徴を知ることによって、パッティング技術が向上したり、またはパター選定のヒントになります。

この機会に代表的な”L字・ピン型・マレット・ネオマレット”の違いを理解しましょう。

L字型

初期モデル

L字型のパターは歴史的に初期モデルの位置づけとなります。

パターの構造自体がアイアンに近いタイプのものを指しており、アプローチやショットに近い感覚でパッティングを行うことができます。

特徴

L字型パターの特徴は

  • ネックがまっすぐ
  • アイアンと同じなので構えやすい
  • 芯は狭いが、芯にボールを当てやすい
  • 芯を外した時の転がりにムラが出やすい
  • ラインがとりやすい
などです。

基本的にストロークはワイパー(弧を描く)で打つのが良いとされています。

ゴルフ初心者はそもそもまっすぐボールを転がすことが難しいことから、ある程度ゴルフ経験のある上級者が使うことが多くなっています。

ピン型

メーカーの名前

ピン型はゴルフメーカーの名前がそのままパターの名前になったクラブです。

L字型のパターが難しい人向けに開発されたタイプのパターです。

特徴

L字型より一般的に優しいピン型の特徴は

  • L字型よりトゥーとヒール側が少し重たい
  • ネックは少し湾曲している(捕まりがよくなる)
  • 慣性モーメントが大きい
  • 芯を外した時のムラが少ない

などです。

ここでいう慣性モーメントによって、ストロークの際のヘッドのブレにくさが変わってきます。

そして、基本的にストロークはL字型より緩やかなアークを描くのが一般的です。

個人的にはこのピン型のパターが一番打ちやすいですね。

マレット・ネオマレット

ネオマレット型のスパイダー

やさしさを求めて

L字型⇒ピン型⇒マレット型という風にパターは進化してきました。

ピン型よりももっと優しくできないか?ということで生まれたのがマレット型のパターになります。

ネオマレット型はマレット型の進化版ですが、一番の違いはヘッドの大きさです。

特徴

マレット型やネオマレット型の特徴は

  • ヘッドが大きくラインが引いてある(真っすぐを意識しやすい)
  • ピン型より慣性モーメントが大きい
  • ヘッドが重たいので転がりがよい

などがあります。

ストロークはストレートに打つのが基本となります。

大きい慣性モーメントによってフェイス面のズレが抑えられますし、ホントに真っすぐを意識して打てるのがこのパターのメリットです。

「まっすぐ引いてまっすぐ打つ」っていうのが、初心者にもわかりやすいですし、おすすめのパターになります。

ただ、僕自身は”転がりすぎる”のが嫌なので、マレット型は基本的に使いません。

まとめ

これまで異なるタイプのパターを紹介してきましたが、「パターの進化に合わせてどんどんヘッドが大きくなっていった」というのが大まかな流れとなっています。

もちろんそれ以外にもグース(湾曲)だったり、フェイス面の加工だったり、またはユニークなパターなども登場してますので、パターの世界は非常に奥深いです。

ある程度パターの知識が身に付いたあなたにはこちらの記事がおすすめです。