ゴルフをスタートするためには、とりあえずゴルフクラブを揃える必要があります。

また、当然のことながらゴルフボールも複数個持っておく必要もあります。

まあ、服装に関しては何とでもなります(Gパン、Tシャツ、ジャージ以外ならOK)けどね。

そんなわけで、この記事ではゴルフクラブをどうやって揃えたらいいのか?についてまとめています。

ゴルフクラブ

クラブの番手

ゴルフクラブは基本的に飛距離に応じて”番号”が振り分けられています。

大体は1~9番までのクラブが多いのですが、”数字が少ないほどより遠くへ飛ぶ”クラブとなっています。

ウッドとアイアン

ゴルフクラブはヘッド(ボールを叩くところ)の形状によって、ウッドとアイアンという感じに分類されます。

〇ウッド

〇アイアン

見ての通り、ウッドの方がヘッドが大きく、アイアンの方が小さくなっています。

これには理由があるのですが、いちおうヘッドが大きい方がボールに当てやすいので、「簡単だ」ということを覚えておいてください。

クラブの長さ

ゴルフクラブの長さは番手が上がる(数字が小さくなる)ごとにどんどん長くなっていきます。

〇アイアンとドライバーの長さ比較

クラブが長くなればなるほど、自分の体とボールとの距離が遠くなる分、ボールにヘッドを当てるのが難しくなります。

上の写真のドライバー(1番ウッド)はクラブの中で一番長くなりますが、ヘッドをウッド形状にしていることで(アイアンに比べると)ちょっと簡単になっているというイメージですね。

*ちなみに1番アイアンなども存在しますが、使っている人を見たことはありませんw

人によっては「アイアンの方が簡単だ」って言われるんですが、それは「クラブの長さが短いから」簡単なわけです。

まあ、これは余談ですけどね。

必要な本数

ゴルフクラブは全部で14本もってラウンド(プレー)することができますが、これからゴルフを始める初心者にはハッキリ言ってこんなに本数は必要ありません。

ショップなどのメンズ初心者セットだとかなり多い本数がついてきますけど、個人的に必要だなと思うのは7~8本だと思っています。

  • ドライバー×1本
  • 3番or5番ウッド×1本
  • アイアン×2本(6番と8番)
  • ウェッジ×2本(ピッチングとサンドウェッジ)
  • パター×1本

という感じになります。

〇パター

どうせハマったら買い替える

「しばらく使い続けるんだから初めからきっちり揃えておけば?」って感じですが、ゴルフはやればやるほど”どんどん新しいクラブが欲しくなります!”

それに初心者用と中上級者向けのゴルフクラブというのは全く仕様が違ってきますので、どちらにしてもある程度やりこむようになったら買い替えることをおススメします。

僕自身はゴルフを始めたころに親のおふるを貰えたので、フルセット揃っていましたが、今思うと”全部使いこなせなかった”ですし、しばらくしたら自分に合うクラブにすべて買い替えてしまいました。

だからこそ、初期投資はできるだけ抑えてもらう(続けるかどうかわからないし)のが、無難かなと思います。

クラブの揃え方

中古品でいい

基本的にゴルフクラブは耐久性がかなり高いです。

思いっきり堅いものを叩いたり、雨に濡れたまま放置してクラブの中がさびたりしない限りは、なかなか破損したり折れたりすることはありません。

とくにアマチュアや初心者の場合はそんなにラウンドや練習をする機会が多くありませんから、クラブの耐久性を気にする必要はないと思います。

「もう10年以上同じアイアンを使っている」なんて言ってた人もいましたから、ホントにクラブは中古品でも安心して使えちゃいます。

手に入れるには

中古品のゴルフクラブを手に入れる方法はいくつかあります。

まあ、誰かにクラブをもらえる場合はそれが一番手っ取り早いのですが、そうでない場合はやっぱり自分で買うしかありません。

中古品のゴルフクラブが買えるのは

  • メルカリ、ラクマなどのフリマアプリ(ネット)
  • ヤフオクなどのオークションサイト(ネット)
  • 中古ゴルフショップ(店舗)
  • リサイクルショップ(店舗)

などなどです。

ネット系

メルカリやヤフオクなどのネット取引では、ゴルフクラブやバッグなどがセット売りさていることがあります。

全部そろって2万円以下など、かなり安い値段で入手できるのがこのネット系でのメリットになります。

中古系店舗ではセット売りされていることが少ないですし、店舗の利益が上乗せされるぶん割高なことが多いです。

ただ、デメリットは実物を見ることができないことになります。

ヤフオクなどでは「返品不可」と記載している出品者もいますし、その出品者が信頼できるか?はレビューなどでしっかり確認しましょう。

中古店舗

ゴルフパートナーやゴルフドゥはゴルフクラブの中古ショップとして有名ですが、リサイクルショップにゴルフクラブが置いてあることは意外と誰も知りません。

両者の違いとしては

〇ゴルフパートナーやゴルフドゥ・・・比較的クラブの状態が良い、そのぶん割高

〇リサイクルショップ・・・値段は安いことが多いが、クラブはかなり古かったり状態が悪かったりする

というのが、僕の印象になります。

また、 ゴルフパートナーやゴルフドゥ では「初心者です!」と伝えれば、店員さんがしっかりサポートしてくれますが、リサイクルショップでは「???」って顔されますので、注意が必要ですねw

個人的にはリサイクルショップで揃える場合は、”ゴルフクラブの知識がある人”に同伴してもらって、購入するのが無難だと思います。

ちなみに

クラブだけでは、、、

ゴルフクラブを揃えるだけでもいろいろと手間がかかってしまいますが、実はクラブが揃っただけでは「いざ!ラウンド!!」ということにはなりません。

キャディバッグ(クラブを入れるバッグ)、グローブ、シューズなどもゴルフをプレーするのに必要となってくるものです。

まあ、キャディバッグもリサイクルショップに置いてあったりするので、そこで買っちゃうのもありですけど、グローブやシューズは流石に新品で揃えるしか方法がありません。

というわけで、次の記事で新品のクラブやグローブ、シューズの揃え方を解説しています。